東川町に移住して約8ヶ月が経ちました。

来た当初は保育園が変わり5歳の娘や3歳の息子に凄いストレスをかけてしまいました。

以前通ってました保育園にもご迷惑をおかけするくらい『新しい保育園は嫌だ、行きたくない』と言ってた娘もすっかり新しい保育園に慣れて来た様子でほっとしております。

さて、そんな娘達も新学期を迎えました。

大変嬉しいことに昨年度ですが、病欠をしなかった娘や息子に担任の先生よりお褒めの言葉を貰いました^ ^

 

でも、おや?と思いました。

確かに言われてみると…

保育園が転園になりストレスを抱えて一番生活してたはずの娘や息子は確かに病欠をしませんでした。

東川町の認可保育園は一つしかないため旭川の保育園より規模がはるかに大きいので、感染症などのリスクは規模の小さい保育園に比べて格段に上がります。そして、今シーズンの北海道の冬は例年に比べて雪も多く、寒い日が続いてました。そんな中、娘は毎週末スキーに行き寒さに晒されておりました。毎年病欠とまでは行きませんが、咳が続いてると休ませる事も多かったですが、今年は咳が続く事もなく…。かと言って、薬を飲ませた事もほとんどなかったです。もちろん病院には一度もお世話になっておりません。

そんな中でも、確かに言われてみると病欠はしてませんでした。

という事で、こうなった理由を僕なり考察してみました。

きっと僕らの生活習慣の中に答えがあるのだと思います。

なので、普段行っている生活習慣をまとめてみました。

—————普段の生活習慣ーーーーー

・ミネラルを多く含む塩を朝晩毎日ご飯にかけて『ごま塩ご飯』にして食べる。

・うがい手洗いを行う。

・鼻うがいをこまめに行う。

・免疫力を下げる砂糖は極力控える。

・水素茶を飲む。

・ご飯は好き嫌いしない。

・免疫力を上げる為によく笑う。

・疲れ目で免疫力が落ちるので、デジタル画面を見過ぎない。

・ご褒美のオヤツは体を動かしてエネルギーの消費をしてからあげる。

————————————————

以上です。

ご参考にどうぞ(^^)