先週、とある病気を持ちで10年以上薬を飲んでいる方とニュースキャンの全身スキャン・セラピーをさせて頂く機会に恵まれました。

薬は本当に必要なの??と思うくらい素晴らしい体の状態で驚きました。

10〜20歳代の方が若いから体の状態が良い、
病気があるから私はもうダメなんだ、
年のせいだしな、

と考える人が多いですが、ニュースキャンを受けて頂くと全く関係ないことがわかります。

若い10〜20代の体の状態が良くない、
70代でも生活習慣をアドバイスすると脳血管のエネルギー状態が改善する、
エネルギー状態が改善すると自然といろんな症状は消え、血液データが何歳でも回復する、

など、ニュースキャンというフィルターを通してそんな事例をたくさん見てきました。

今回のお客様も、自分が持病があるとわかっているが故に毎日体に気をつけた生活していたそうです。

こういう方を見て思う事は、

健康とは普段の努力の賜物
年齢、性別、病名は健康とは無関係

という事です。

きっかけはなんにせよ、体の事を考えて生活をしっかりなさっている方でした。

素敵な方に巡り会えた事に本当に感謝しております。
ご写真の協力をありがとうございました。

松島冬尚